妊娠初期 背中ニキビ

妊娠初期の背中ニキビについて

 

 

妊娠中はニキビが多くなりますが、特に妊娠初期が最も多くなるようです。
また、妊娠初期には背中ニキビが発症しやすく妊娠初期の間に完治することも可能なので、早めに背中ニキビ対策をしておきたいですよね?ここでは妊娠初期の背中ニキビの症状や、対処法、悪化したらどうなるのかをまとめてみます。

 

 

〜「妊娠初期の背中ニキビの症状」〜

ニキビにもいろいろな種類があります。
白いニキビや痒みのあるニキビ、ふきでものと言われる大きなニキビ、黒いニキビや赤みのあるニキビなど、背中ニキビは、症状から発症度合がわかります。妊娠初期の背中ニキビの症状は、ほとんどが、白いものが詰まったようなニキビや、黒いポツポツのようなニキビです。健康な肌でも毛穴が詰まってしまったり、皮脂が少しでも多くなればそんな軽いニキビができます。妊娠中じゃなくても、もしかしたらそんなニキビの症状があったのかもしれませんが、背中ニキビの場合は気づかない人がほとんどです。普段しっかり触って確認することもありませんもんね?妊娠初期のそんな発症度合の軽い背中ニキビはすぐに解消できます。

〜「妊娠初期の背中ニキビを解消するには」〜

ホルモンバランスを変えることはできません。
ホルモンに作用するような薬は飲めませんし良くしようと思って簡単に良くなるようなものではありません。妊娠初期はかなりホルモンバランスが崩れてつわりもひどい時期です。ですが、まだ食生活や便秘などの体調を管理していく余裕はあるはずです。スキンケアをする時間もたっぷり作って、背中ニキビケアをしていきましょう。

〜「背中ニキビをほおっておくと」〜

この時のケアを怠れば、のちに背中ニキビが悪化していったり、ニキビ跡になったりします。
今まで背中ニキビなんてできたことがなかったのに、できてしまったという方で、妊娠初期のうちから赤ニキビや痒みのあるニキビに悩まされる方は少ないようです。妊娠初期には必ず背中ニキビが発症していないか確認しておきましょう。ひどいニキビは皮膚科で治療を受けなければ完治しないものさえあります。食事に気を遣う、睡眠をしっかり取る、というようなことでもかまいませんが、余裕のある方は、背中ニキビ用の塗り薬を探しておきましょう。妊娠初期に使う薬は、オーバーかもしれませんが、赤ちゃんでも使えるような薬だと考えてください。低刺激の背中ニキビ用コスメもあるので、調べてみるのも良いかもしれません。

 

マーク 妊娠すると出来る「背中ニキビ」を治す!【妊娠ニキビ対策ガイド】のTOPページへ

 


このページの先頭へ戻る