妊娠後期 背中ニキビ

妊娠後記の背中ニキビについて

 

妊娠中にニキビができる要因はたくさんあります。背中ニキビも、全くできない人もいれば、大量にできてしまって産後に皮膚科通い…という方もいらっしゃいます。背中ニキビができたことがない方でも、子供がいる方は妊娠中、ニキビが多くなったと感じたんじゃないでしょうか?

 

私は背中ニキビにこそならなかったものの、肌荒れは常に起こっていましたし、敏感肌になったり、つわりや便秘、貧血も大変でした。また、インフルエンザにかかったり、塩分の摂りすぎて尿にタンパクが出ているといつも注意を受けていました。インフルエンザにかかった時はさすがにキツイ薬を出されましたが、少し風邪をひいたくらいでは妊娠中は薬を飲むことはできません。肌に強い刺激のある化粧品を使っていたので敏感肌になった理由もよくわかります。

実体験も踏まえて思うこととして

「赤ちゃんに影響がない」ことを一番に考えて妊娠中は体調管理をしていかなければいけません。今妊娠中や授乳中じゃないからこそ咳が出ていたら常備薬で済ましますけど、市販の薬もほとんど妊娠中は控えるように書かれています。妊娠後期はだいぶ落ち着いて、体調も良くなり、「そろそろウォーキングを始めようか」という気分になりますよね?

 

妊娠後期には最低1時間のウォーキングをすれば、安産になるんだとか…

 

食生活も良くなり、気分に余裕が生まれる頃だと思います。
ですが、妊娠後期に背中ニキビを発症する方もいらっしゃいます。
それは、

  • ・汗をかくことによってできる
  • ・日に当たることでできる
  • ・ストレスを受けやすくなり、肌荒れがひどくなる

という、妊娠後期だからこその要因があります。

 

〜妊娠後期の背中ニキビ〜

妊娠後期はもう仰向けか横向きに寝ることしかできず睡眠中、寝汗をかくと、背中が衣服や敷布団に当たりっぱなしになります。また、ウォーキングを始めると日に当たったり汗をしっかりかくようになりますよね?運動していなかった、または日に当たることがなかった人が、
急に汗をかくようになったり、日に当たるようになると、背中ニキビを発症したりします。今まで背中ニキビが出来ていたことに気づかずそういった急な要因によって背中ニキビが悪化してしまう可能性もあります。痒みや赤みが出てきて、「なんだろう?」とやっと気づく場合もあります。

 

妊娠後期に背中ニキビを発症するとブツブツや黒いポツポツだけじゃなく、痒みを感じる方も多いようです。そういった方は、しっかりケアができていない、ちゃんと背中を洗えていない方です。産前鬱という言葉があるくらいですから、臨月ともなると精神面の影響を受けやすく、ストレスを感じやすくなります。ストレスはニキビの天敵です。背中ニキビの発症原因としては防ぎたいものです。

 

マーク 妊娠すると出来る「背中ニキビ」を治す!【妊娠ニキビ対策ガイド】のTOPページへ

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る