妊娠中 背中ニキビ

妊娠中に出来る背中ニキビにしっかりと対処しましょう

妊娠中に身体にトラブルが起こっても、使用できる薬は限られています。
もし何か起きたら、悪化しないように気をつけながら、次の予防をしていくしかありません。

 

 

妊娠中は肌もデリケートになります。ですから、薬が使えないどころか、
スキンケアにも気をつけなければいけません。
例えば、背中ニキビがひどく、皮膚科を受診した場合、
薬を処方されても妊娠中は使えないものがあります。

 

妊娠中は塗り薬やシップでさえNGのものもあるんです。

 

 

「もし妊娠中に背中ニキビが出来てしまったら…」
そんなニキビの対処法についてお話していきます。

 

〜妊娠中にできる背中ニキビへの対処法は?〜

ホルモンバランス

妊娠中の背中ニキビは、ほとんどがホルモンバランスの乱れが原因です。
妊娠初期の頃が一番ひどく、ホルモンバランスの乱れによっていろんな身体症状が出てきます。その症状に対しての対処法は少なく、赤ちゃんに影響のないような対処法しかできません。

 

 

つわり

また、栄養バランスも大切です。妊娠中はつわりに悩む方も多いと思います。つわりの間は、栄養バランスなど食生活に気を遣うことはできませんもんね?つわりのせいで背中ニキビができたという方もいらっしゃいます。偏食だったり夜食が増えたり、食べても戻してしまったり…もしつわりが収まれば、食生活に気をつけたいところです。

 

食生活

妊娠中はどうしても、妊娠の影響で食生活が変わります。
赤ちゃんの影響で好きなものや嫌いなものも変わり、好きなものはずっと食べ続けたいと思ってしまったりします。
すっぱいものが好きになったり、味の濃い物が好きになったり、そんな食べ物の影響もあるかもしれません。

 

背中ニキビが一度できてしまったら、治りにくく再発するようにもなります。
妊娠中はサプリメントが良いと言われていますよね??鉄分や葉酸など。背中ニキビができる原因であるビタミン不足に対して、サプリメントでビタミンを補おうと思う方も多いかもしれませんが、妊娠中のサプリメントもあまりおすすめできるようなことではありません。葉酸や鉄剤などは良いかもしれませんが、ビタミンをサプリメントで飲むのはやめておきましょう。

 

 

ストレス

背中ニキビの原因と言えば、ストレスもあります。
「神経質になる」「マタニティーブルー」「産前うつ」ストレスによって、妊娠中に悩む方も多いでしょう。
そういったストレスによる影響も、背中ニキビは受けています。
こういった原因を踏まえて、妊娠中にできる背中ニキビへの対処法は、

 

  1. ・つわりの間やつわりが終わった後にでも、食生活に気を遣う
  2. ・肌に優しいスキンケア用品を使う
  3. ・サプリメントには頼らない
  4. ・ストレスを溜めないように適度に発散を(運動など)

 

この4つに注意していきたいですね。

 

どうしても背中ニキビがひどい場合は、妊娠中なので産婦人科に相談してから、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

マーク 妊娠すると出来る「背中ニキビ」を治す!【妊娠ニキビ対策ガイド】のTOPページへ


このページの先頭へ戻る