妊娠中 背中ニキビ 成分

低刺激のケアと保湿成分が大切な組み合わせ

「妊娠したら背中ニキビが多くなった」なんてことはよくあります。 赤ちゃんのことばかり考えて、大変かもしれませんが ちゃんと自分の肌のことも考えて生活していきたいですね。 妊娠中にできてしまった背中ニキビには
  • コマメな着替え
  • 吸収性の良い衣服
  • 常に清潔に
この3点に気を付けておきましょう。 特に、背中は顔と同じくらい皮脂の分泌量が多いのでゴシゴシ洗いは禁物です。シャンプーやリンスの洗い残しが背中に残っていても背中ニキビにはよくありません。頭を先に洗い、背中もしっかり低刺激のスキンケア用品でケアしておきたいですね。

背中ニキビには保湿ケアも大切

さて、そんな背中ニキビには『保湿ケア』が効果的です。 肌は乾燥すると、皮脂の分泌量を多くしていきます。ただでさえ妊娠中は皮脂分泌量が多くなるので乾燥していては背中ニキビも悪化してしまいますよね?治っても再発しては意味がありません。背中ニキビ予防・解消の為には「保湿ケア」をしていきましょう。

〜背中ニキビの保湿ケアに効果的な成分〜

背中ニキビケアには、ボディケア用のジェルやクリームなどのケア用品がおすすめです。再発防止にもなりますし、クリームやジェルなら手が届きにくい背中でも塗りやすく、ケアが簡単です。ボディケア用のクリームは市販でも通販でも販売されていますが、種類が多く素人ではどれが良いのか全く分からないと思います。ですが、妊娠中には刺激の強い成分はおすすめできません。なので、天然植物由来の保湿成分や、刺激の弱い保湿成分を使って作られているものがおすすめです。もし保湿ケアだけで改善しない場合は、セルフピーリングを考えていっても良いかもしれません。

〜背中ニキビに効果的なピーリング成分〜

妊娠中の背中ニキビがひどくなってしまうと、ただの保湿ケアだけでは改善できません。予防には保湿だけで充分なんですが、もし背中ニキビが慢性化してしまったら、セルフピーリングケアをおすすめします。セルフピーリングの中には、ピーリング石鹸のように、肌に刺激にならない程度で作られているピーリング剤もありますし、濃度の薄いピーリング成分もあります。特に「グリコール酸」というフルーツ酸成分がおすすめです。背中ニキビに効果的でクエン酸のような働きがあり、ピーリング成分の中でもまだ刺激の少ない成分です。セルフピーリングでも治らない場合は、皮膚科での治療が良いんですが、ピーリング石鹸を使ったケアだけでも背中ニキビの完治は見込めます。

▲TOPページへ

この記事を読んでいる方はこちらも読まれています

 

関連ページ

妊娠中の背中ニキビに効果的な成分@
妊娠中の背中ニキビに効果的な成分についてお伝えしております。しっかりと背中ニキビに効果的な成分を理解して、ご自身の背中ニキビのケアに役立ててみてください。
妊娠中の背中ニキビに効果的な成分A
妊娠中の背中ニキビに効果的な成分についてお伝えしております。しっかりと背中ニキビに効果的な成分を理解して、ご自身の背中ニキビのケアに役立ててみてください。

このページの先頭へ戻る