妊娠 皮脂

妊娠による皮脂の変化って?

「妊娠して背中ニキビができてしまった!」と言う方は多いんじゃないでしょうか。

 

背中ニキビに限らず、顔や腕、太ももなどにもニキビができたと、
対処法や原因について質問されているのをよく見かけます。

 

妊娠してから急にニキビが増えたと感じる方は多いでしょう。
妊娠中はニキビの元である皮脂はどう変化するのか?考えていきたいと思います。

 

 

 

妊娠はホルモンバランスの変化や生活の変化で体質を変えます。

 

敏感肌になったり、太りやすい体質になったり、
妊娠中は肌が特に敏感になり、また皮脂の分泌が活発になります。

 

鼻先やおでこなど特に皮脂分泌が活発になるんですが、
実は顔と同じくらい皮脂の分泌量が多い背中も、活発になります。

 

妊娠中は背中のケアなんて考えられないと思います。
ですが、背中はいつも洋服ですれ、お風呂の際に洗い落とせていない
リンスやシャンプーが残ったままにしてしまったり、皮脂の分泌が活発なうえに
刺激を常に与えている状態です。

 

 

お腹が大きくなってきたら、背中を洗うのも大変だと思います。
上の子がいたら妊娠中のお風呂は戦争のようです。
冬場なんて、上の子をお風呂に入れながら、寒いから自分も早く湯船に入りたいと思い
身体を洗うのも億劫になってしまいます。

 

 

ただでさえ妊娠中は皮脂の分泌量が変化してニキビが多くなってしまうので、
顔だけじゃなく体全体のケアをちゃんと行わなければいけません。

 

 

皮脂の分泌量が多いせいで背中ニキビが出来ている場合、
しっかり洗えばいずれ治ります。ですが、もし皮脂のことを
気にしすぎて洗いすぎているようなら乾燥が原因の背中ニキビかもしれません。

 

洗いすぎた皮脂は、乾燥した肌になってしまい、
「乾燥しているからもっと分泌しないと」と、皮脂は余計に活発になります。

 

妊娠中は肌質や皮脂の分泌量に気を付けてスキンケアをしていきたいですね。

 

<ワンポイント>
妊娠中に活発になった皮脂の分泌量は、出産後ほとんどの方が元に戻ります。
ホルモンバランスが良くなり、赤ちゃんが生まれて数か月すれば規則正しい生活へと一変するので、あまり気にしなくてもいずれ出来やすいニキビもなくなっていくでしょう。ですが、気を付けておきたいのは背中ニキビのニキビ跡ですね。
一度できた背中ニキビを潰してしまったり、何度も何度も背中ニキビができていたのに、ケアをしていなかったりすると、
ニキビ跡として産後も残ってしまうので、背中ニキビを発見したらしっかりとケアをしてください。

 

マーク 妊娠すると出来る「背中ニキビ」を治す!【妊娠ニキビ対策ガイド】のTOPページへ


このページの先頭へ戻る