背中ニキビ 妊娠

妊娠と背中ニキビについて

 

妊娠ニキビ

 

今までニキビはあまりできない方だったという方でも、妊娠して背中ニキビに悩む女性が多いと聞きました。出産までの長い道のりの間に、身体的にも精神的にも色々悩むことがあると思います。その中でもなぜ妊娠中に背中ニキビが出来るのか?できてしまった背中ニキビは治すことができるのか?『妊娠』と『背中ニキビ』の関係について、考えていきたいと思います。

 

妊娠すると背中ニキビが出来る理由は?

 

背中ニキビ

 

妊娠中、特に初期の頃にはニキビやふきでものに悩まされることが多いことは有名ですね。どういった関係かは理解している方も多いんじゃないでしょうか。顔にできるニキビなんて一般的で、さほど気にしない方も多いと思いますが、ニキビは顔だけじゃなく、背中や胸にもできてしまうことがあります。「今までニキビに悩むことは少なかった」という女性でも、そういった背中ニキビを経験することがあるかもしれません。赤ちゃんのことを考えると妊娠中に起こるトラブルは神経質に考えてしまいがちですが、妊娠中の背中ニキビも、急に出来ると驚きますよね。ただし、ニキビの程度によってはニキビ跡が残る可能性がでてくるので、ケア方法もしっかりおさえておきましょう。

 

 

ホルモンデータ

 

妊娠中にできるニキビの原因、一番はホルモンバランスの変化によるものです。
初期の頃は妊娠を継続する為に、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと、男性ホルモンの働きに似ているプロゲステロンというホルモンの働きが活発になります。この、プロゲステロンというホルモンは、特に皮脂の分泌量を多くする為、毛穴が詰まりやすくなりニキビを作る原因となっています。ホルモンバランスは自律神経の影響も大きいので、神経質になるとニキビが出来やすくなる理由と少し似ている気がしますね。

 

また、妊娠初期の頃に多いつわりもニキビの原因の一つです。
暴飲暴食や吐き気による偏食で、ニキビを作る原因となっているのかもしれません。食生活の変化や環境の変化などはニキビとして現れやすく、妊娠による便秘や運動不足もニキビとなって現れることがあります。睡眠やストレスも関係しているのかもしれません。

 

考え出すとキリがないくらい、妊娠中には背中ニキビが出来る理由がありました。一番はやっぱりホルモンバランスの変化ですが、それ以外の原因は対策が出来そうなものばかり。妊娠中の背中ニキビの予防は色々考えられそうですね。

妊娠して出来た背中ニキビは治るのか?

対策は置いておいて、妊娠中にできた背中ニキビは治るんでしょうか。

 

デコルテニキビ

 

妊娠中の背中ニキビは、デコルテ部分や首筋、腕、脚にまで広がる場合があります。
おでこにニキビができた時、前髪をあげていると治りやすいと言いますよね?それは、ニキビに髪の毛があたってひどくなるのを防ぐからです。また、顔にニキビができてしまったら、メイクで隠す方も多いですよね。背中ニキビはそんな対策はできません。メイクで隠そうにも自分では確認できない部分。ニキビに当たってしまうような刺激をなくそうと思えば、衣服さえ着られなくなります。常に衣服があたり摩擦でこすれ、メイクでも隠すことが出来ない。背中ニキビは治すことが出来ないんじゃないのかと不安になりますね。

 

 

ニキビ完治

 

ですが、妊娠中にできてしまった背中ニキビのほとんどが完治することが出来ます。
妊娠中に背中ニキビがひどくなっても、出産後には自然に完治へと向かう人が多く、ひどい背中ニキビが残ったと言う例はあまりありません。気を付けておきたいのは「ニキビ跡」。デコボコなニキビ跡の肌にならないように、気を付けておきたいですね。

妊娠して出来る背中ニキビへのケアの仕方は?

妊娠していると胎児のことを考えて、薬の使用には制限があります。
刺激の強い塗り薬や抗生物質の入った内服薬は、皮膚科へ行っても処方されないでしょう。また、もし処方されても産婦人科で使用しないように注意を受けると思います。妊娠中は湿布薬やシップの塗り薬でさえ、使用してはダメだと言われたことがあります。ですが、背中ニキビはセルフケアで充分に完治できます。セルフケアの場合は。病院・皮膚科で処方される内服薬とはことなり、市販で売られている専用の背中ニキビの薬・コスメを活用するが良いでしょう。とはいえ妊娠中は肌がデリケートな状態になります。背中ニキビの薬を活用する際は肌に優しい刺激の少ないケアでなければいけません。

 

 

背中ニキビに良いセルフケア用品はたくさんあります。
妊娠中でも使用できるものもありますが、多くの場合、妊娠中のホルモンバランスの変調が一時的に肌の状態に影響を及ぼしているケースが多いです。その為、コスメもちろんおススメですが、ホルモンバランスを整える対策を考えていった方が、より体に優しく、それは肌ケアだけでなく体内のバランスのケア、ひいてはお腹の赤ちゃんを元気にさせるケアに繋がりますのでおススメです。そんなケアの方法を考えると、睡眠やストレス、食事への配慮が大切になってくるでしょう。しっかりと睡眠を取る事。肌に大切な22時から2時の間は就寝しているように心がけましょう。また、運動制限がありストレス発散は難しいかもしれませんが、適度なストレス発散方法を考えておきましょう。このような適切なセルフケアを行うことでホルモンバランスを落ち着かせ、その結果、体調に出てくるニキビを抑えることにもつながります。

 

カラダにも、カラダの中の赤ちゃんにも優しいケアで、母子ともに健康的な妊娠活動を行ってみて下さいね^^

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る